Inspiron 15 3000シリーズ (3593) のSSD換装とメモリ増設とOSの再インストールを行った

実家のPCがまだWindows 7だったのでせっかくだし新しいのを買うことにした。私が使うことはほぼないがトラブったときに対応するのは私なので、ある程度快適に対応できるような条件で探した。

  • 15インチ
  • Core i3-1005G1
  • お安め
  • Office 付き
  • 拡張性がある(安めのモデルはSSDがなかったりメモリ4GBしかなかったので変更したい)

最初はRyzen 3 4300Uあたりで無いかなと探したがお安くないようだったのであきらめた。Pentium Gold 5405Uは非常に安いのだけど性能が若干怪しい(用途を考えれば十分なんだけど)のと、Core i3-1005G1が比較的コスパがよさそうなのでこれで探した。

Lenovo Ideapad S340あたりが58,740円と大変安いのだけど、メモリが4GBのオンボードでちょっと不満だったので見送った。

Dellのお買い得品を眺めていたら、上記の条件で59,260円+税のものがあった。Office無しだと44,631円+税。これがよさそう。

しかしメモリが4GBだったり、HDDの1TBとちょっと残念。製品仕様のPDFを眺めていたら、SODIMMスロットを2つも、さらにM.2スロットを持っているそうだったので、これをベースにメモリの増設とSSDに乗せ換えることにした。

メモリはTeamのSO-DIMM DDR4の4GB (アフィじゃない)、SSDはCrucialのCT250P2SSD8JPにした。併せて9,500円

ちなみにOSイメージを作成するためのUSBメモリ(16GBぐらい)が必要。

作業

  • 換装と増設
  • OSイメージ作成
  • OS再インストール

クローンするやり方をよく見かけたが、初回なら再インストールでもいいかな、ということで。

あと個人で勝手に換装と増設する時点で保証は受けられなくなるはず。

換装と増設

マニュアル通りに行うだけ。スムーズに行えた(10分ぐらい)

https://topics-cdn.dell.com/pdf/inspiron-15-3593-laptop_service-manual_ja.pdf

ただ、M.2スロットへの装着はできるもののマニュアルにある「M.2 2230 シールド」というものがないので熱暴走の懸念がある。不安ならどうにかしたほうが良いかもしれない。しばらくは無しで使ってもらうとする。

OSイメージ作成

適当なマシンに Dell OS Recovery Tool をインストールする。

どこかで「MicrosoftからWindows 10のイメージ作成ツールを作ってもよさそう」という記事をどっかで見たがプロダクトキーの問題があるのでダメだと思う。

起動するとサービスタグを求められるので入力を求められるが、先に詳細リカバリーに切り替えておく。こうすると次のようにイメージを選べるようになる。

f:id:ryousanngata:20200621015645p:plain
詳細リカバリー時のキャプチャ画面

起動時にDELLのものがいろいろ出てきて鬱陶しく余計なものを入れたくなかったので真ん中を選んでみた。あとはUSBメモリに差し込んで焼き付ける。

OS再インストール

PCを起動しなおし、ロードが始まる前にF12を連打してブートメニューを出し、USBメモリから起動する。

Windows 10のインストール作業だけど、HDDとSSDに両方に入れると初回の起動時にどちらでブートするか聞かれるものの、ここでHDD側を選択してしまったらしくHDDでしか起動できなくなった。 再度OSインストール作業を行って、OSをインストールするディスクを選ぶタイミングでHDD側のディスクを適当に削除してインストールしなおした。パソコンは難しいからよくわからない。

感想

久々にHDDでのOS起動を経験したけど、HDDはめちゃくちゃ遅く感じる。SSDはやっぱり速い。速さは正義。メモリは4GBでもよかったかもしれない(ならIdeapadでよかった気もする)